FC2ブログ

ノルウェイの森 - 村上春樹

村上春樹を一躍スターダムにのし上げたであろう、ベストセラーにてロングセラーであるノルウェイの森。フィッツジェラルドによる官能小説もしくは、現代のシェへラサードといってもよい物語。感覚に訴える奔放な文章は、実は緻密に村上春樹の世界を構成している。ライ麦畑のホールデンがさらに拗ねたようなひどく冷淡にも思える主人公や、精神病のヒロイン直子とレイコさん、自己顕示欲の異様に強い先輩長沢、潔癖症でラジオ体操を欠かさない突撃隊、台詞がエロ系の緑、など通常と少しずれた魅力的な登場人物がそこでで生きている。その世界は別な読み方ということがほぼ不可能なほど見事な調和を見せていて、言葉だけで精神のゆらぎ風景の微妙なのゆれを同時に美しく表現できるのは、世界広しといえど氏ぐらいのものだと思う。主人公と同年代のときに読んでいたら、また違った受け取り方をしただろうし、人生も違う進路を取っていたかもしれない。だからまた何年かあとに読んでみようと思っている。
スポンサーサイト



テーマ : 感想文
ジャンル : 小説・文学

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
プロフィール

yoshiii

  • Author:yoshiii
  • I君のBlackwatchに捧げるBlog